犬の病気について

「普段の感じと違うな」と思ったら早めの検査を。

犬の病気について

犬に多い病気としては、皮膚病、心臓病、腎臓病、ガンなどがあげられます。
また環境の変化などでストレス性の疾患にかかることがあります。

詳しくはこちら
猫の病気について

猫の病気は特に気をつけてあげてください。

猫の病気について

猫に多いのは伝染病と腎臓病です。
猫は病気が突然悪化することが多いので、日頃から気にかけるようにしてあげて下さい。

詳しくはこちら
ワクチン接種について

一度の接種で一生安心、というわけにはいきません。

ワクチン接種について

特に室外犬は、散歩のときなどに注意が必要となります。事前にワクチンを接種してしっかりと予防してあげることが大切です。

詳しくはこちら

当院のコンセプト

当院のコンセプト

当院では、検査や手術の際、
わんちゃん・ねこちゃんに恐怖心を与えない
ことを一番に考えています。


飼い主さまにはわんちゃん・ねこちゃんの正面から
お声がけをしてもらうことはありますが、医師は基本的に
背後から採血などをおこないます。

本当は注射などは正面から前足におこなった方が楽なの
ですが、なるべくストレスを与えないよう心がけています。
犬の場合、緊張感から強いストレスを感じると、突然フケ
が出てきたりします(いつも出ているなら皮膚病の疑いが
あります)。

本当にその場で突然、一気にフケが出ます。
これはストレスの危険信号ですから、そのような事態にならないよう注意しています。
 
どこにも異常がなく「気のせい」となれば、これはただ「遊びに来てもらった」だけです。診察代をいただくようなことはありません。お気軽にどうぞ。